TOSSの歴史

ジャグリングクラブTOSSは2004年に発足し、15年以上の歴史があります。

当初は大学近くに住んでいた学生3人が、車谷公園でジャグリングの練習をしていたことから始まりました。その後、大学内で仲間も増え、天気によらず練習がしたいとなり今のジャグリングクラブが発足しました。

現在の活動場所である、枚方キャンパス2号館1階の「211多目的室」は当時から使用されています。

211.jpg

211多目的室

中心人物

ジャグリングクラブTOSSが発足した際の中心人物をご紹介します。

 初代部長:戸田英夫さん
 部長の相方:得能通伸さん
 サークル設立者:栗山貴行さん

設立者の栗山さんは、大学以前よりジャグリングとヨーヨーを中心に活動していました。また、 戸田さんと得能さんの2人は、「なごみ」というグループで高校より活動していました。栗山さんは大学にて戸田さんと出会い、サークル発足の後押しとなったわけです。そのような経緯で栗山さんがサークル発足を提案し、実力とともにサークルを支えていきました。

当時の写真・動画

2005年11月3日 北山祭ステージ

北山祭(2006.11.03).JPG

2006年11月3日 北山祭

最後に

「TOSSの歴史」を執筆するにあたり、TOSS一期生OBである宇都宮さんと矢戸さんに当時のお話や資料などをご提供していただきました。この場を借りて御礼を申し上げます。

歴代の部員たちが築き上げてきたTOSSを誇りに持ち、さらなる発展を目指して尽力していきたいと思います。

​執筆者:レイン(14代目・現部長)